引字圭祐のエンジョイライフ【毎日をイキイキ過ごすポイント】

引字圭祐が日々の生活を楽しむコツや、趣味のクラシック音楽などについて紹介するサイトです。

早起きを心がけている引字圭祐

社会人になってから生活習慣を変えようと思っていた引字圭祐が取り組むようになったのが、朝の早起きです。横浜に住んでいる引字圭祐は電車に乗って通勤をしますが、その時間も考えると時間を有効に使うためには朝早く起きなければいけないと思ったので、朝早く起きてその時間を使って一日を有意義に過ごすために活用しています。最近では朝活という言葉も浸透するようになりましたが、今でこそ早起きができるようになりましたが、すぐに早起きができるようになったわけではありません。

学生時代の引字は野球部に所属していて規則正しい生活を送っていましたが、忙しい生活を送ってきた反動からか野球部の活動が終わったら急にだらしない生活をするようになってしまいました。そうなってしまうと様々な活動に影響が出てしまい就職活動も危うく失敗してしまう可能性がありましたが、そこは気持ちを切り替えてしっかりと活動をすることを決意してどうにか就職先から内定をもらった経緯があります。

そのような状況の中で危機感を抱いた引字圭祐は、社会人になったら規則正いい生活をしようと決意して、そこで始めたのが早起きの習慣だったのです。決して早起きが得意というわけではなかったので、早起きが定着するまでかなりの時間がかかってしまいましたが、それでもしっかりと早起きをすることができるようになりました。早起きは三文の得という言葉を引字圭祐本人が実感したのです。

早起きをするようになってから自分の勉強の時間をたくさん取れるようになったことが一番大きいです。今では本当に資格を取るために勉強をしているのですが、毎日しっかりと2時間の勉強時間を取ることができたので、仕事をする際に最も重要な資格を取得することができました。仕事から帰ってくると業務の疲れからか勉強をする気になれないので、疲れたらそのまま寝ることにして朝早く起きてから勉強をするようにしたらとても効率が良く勉強することができたようです。

引字圭祐が早起きを続けて驚いたことは、朝早く起きることで健康状態が良くなったことです。体内時計の改善やホルモンバランスの改善などがあったために健康状態も良くなりました。また朝にジョギングをするようになってから体重も減少傾向にあり5キロの減量にも成功することができました。このように朝早起きをするようになってから様々なことが変わり日々のやる気が出るようになったことはとても良かったと思っています。

 

引字圭祐の休日の過ごし方

普段仕事でストレスが溜まってしまうことが多い引字圭祐のストレス発散方法は、アクティブに身体を動かすことです。今では休日にしかできなくなったジョギングも学生時代は毎日のように5キロ以上の距離を走っていました。その効果もあって社会人になっても疲れにくい体質で生活をすることができるようになりました。引字圭祐は北海道出身ということもあって自然と親しむことが大好きでしたが、会社の同僚にもアウトドアが大好きな人もいるので、会社の同僚の日帰りで行ける範囲でアウトドアを楽しんでいます。東京都内でも都心を離れると今でも北海道と同じように自然を満喫することができるので、都内に住んでいても遠出しなくても自然を楽しんでストレス発散できるので本当に満足しています。

休日はアウトドアを楽しむこと以外にも学生時代にずっとやってきた野球の経験を活かして社会人野球の試合にも参加しています。会社には野球同好会があり引字圭祐もその同好会に参加して、野球で汗を流しています。職場のチームは同好会と言ってもとてもレベルが高くて多くの人が学生時代に経験者なので、高校野球で実績のある方が同好会に参加しています。大手企業だからこそ様々な経験をしている人が集まってくるんだと実感しました。

普段はアクティブに身体を動かして休みを満喫することが多いですが、引字圭祐は自分の時間も大切にしているので、趣味のレコード店巡りをすることもあります。幼い頃からクラシック音楽に慣れ親しんできた引字圭祐は、今でもクラシック音楽のレコードの収集をするのが趣味なので、休みの日には都内のレコード店巡りをして過ごすことも多いです。都内のレコード店は大きなお店から小さいお店まで様々なレコード店があるので、お店に一日いても全く飽きることはありません。北海道にはあまりレコード店が無かったので、レコード店の数や置いている商品の質などは北海道のお店と比べ物にならないほどたくさんあります。

社会人になってから引字圭祐は仕事が中心の生活になってしまい、学生時代よりも自分の時間を作ることができなくなってしまいましたが、それでも身体を動かすことと、クラシック音楽を聴くことが大好きなので、休日の時間を有効に活用して東京の生活を楽しみたいと思っています。学生時代から自分の時間を大切にしてきたので、これからも自分の時間を大切にして東京の生活をエンジョイしたいと思っています。